保証契約の種類役割

保証人が負う責任の大きさに着目した場合、保証契約の種類は大きく2種類に分けることができます。

 

1つは単なる保証人で、もう1つは連帯保証人です。「連帯」という2文字が付くか付かないかによって、その負担する責任の大きさがかなり変わってきますので、保証人を引き受ける際には、どちらの形式の保証人であるのかをキチンと確認することが必要です。

 

保証人と連帯保証人の最も大きな違いは、催告の抗弁権や検索の抗弁権があるかどうかという点にあります。催告の抗弁権というのは、たとえ債権者が支払い請求してきたとしても、まず主債務者に対して請求することを求めることができる権利です。

 

また、検索の抗弁権は、債権者が保証人の財産に強制執行をかけようとしてきた場合などに、主債務者が有している財産から先に執行することを求めて、自分の財産への執行を拒絶できる権利です。単なる保証人にはこの2つの権利が認められていますが、連帯保証人にこれら2つの権利はありません。また、複数の保証人がいる場合、単なる保証人が責任を負う主債務の金額は、その保証人の頭数で分割した金額だけです。

 

なので、それを超える金額を債権者から請求されたとしても超えている部分については支払いを拒むことができます。これを分別の利益と言いますが、連帯保証人にはこれも認められていません。つまり、連帯保証人になった場合には、主債務者とほぼ同等の責任を負うことになるわけです。