‘2015/09’ カテゴリーのアーカイブ

司法制度改革を学ぶ:ADR

2015/09/25

ADRとはAlternative Dispute Resolutionの略称で、日本では裁判外紛争解決手続と言います。これは紛争状態にある当事者同士が当事者同士のみでの解決が難しいものの、裁判所で法律に委ねることが思わしくない場合に利用できる制度です。まずは当事者が利用したい旨を指定された機関に申し立て、それを受けて相手方が同意することで手続きが始まります。ただし双方の合意が条件となっているため、相手方が受け入れなければ手続きを進めることはできません。その後の流れは大きく三つに分けることができます。当事者同士の対話によってのみ解決を努める「あっせん」。第三者の介入により解決を努めるが、調停人による解決策を受け入れない選択が可能な「調停」。当事者同士が事前に第三者による仲裁を受けることに同意した上で行われる「仲裁」。いずれにしても民事訴訟と比べて手続きが簡単である、費用や時間が少なく済む、プライバシーが外部に漏れるリスクが無くなるといったメリットがあります。しかし、この制度は一般的にはあまり広く知られてはいないことや、公平性への不信感から紛争の問題解決に至らないケースがあるという問題があります。この制度をより身近なものとするために司法制度改革推進計画が立てられており、国民へこの制度の存在を広めるとともに内容の理解を促し、手続き機関へのアクセス強化やこの制度に務める人材育成に力を入れています。

司法制度改革を学ぶ:司法制度改革の三つの柱

2015/09/25

司法制度改革三つの柱についてですが、一つ目は国民の期待に答応える司法制度の構築、二つ目は司法制度を支える法曹の在り方の改革、三つ目は国民の司法参加です。一つ目の改革は民事裁判を充実させて迅速におこなうことができるようにすることが目的とされています。弁護士が少ない地域などに事務所を設立させるなどの対策がおこなわれました。また、知的財産権関係の事件など専門的知見を要するような事件への対応も強化されています。二つ目の改革では、法曹人口の拡大をおこない司法試験合格者数の増加や、裁判官や検察官などの司法を支える人的基盤を増大させていきました。専門的な案件のためにもプロフェッショナルな人材育成がなされました。三つ目の改革では、刑事訴訟へ国民が参加する制度を導入しました。裁判員制度は、特定の刑事裁判において有権者から無作為に選出して裁判官とともに審理に参加します。これは、国民の一般的な常識を取り入れて司法の専門家だけが集まることによる価値観や思想などが偏ってしまうことを防ぐ目的があります。その他にも国民に司法をより身近なものに感じてもらうという目的が込められています。これらの司法の制度改革は、2000年頃からおこなわれています。

司法制度改革を学ぶ

2015/09/25

司法制度改革とは国民が司法を利用しやすくすることなどが目的で導入された制度です。あの有名な裁判員制度をはじめとし法科大学院の開設や新司法試験法テラスなど様々なことがおこなわれています。
裁判員制度は2009年七月より始まったもので改革の一つとして裁判を身近にすることや司法の信頼を上げることなどが目的とされています。対象は20歳以上の有権者で裁判官三人裁判員は六人で行います。基本的に裁判員に選ばれたら裁判所にいかなくてはなりません。
次に新司法試験です。新司法試験は海外と比べても圧倒的に日本は法曹人口が少ない状況にあります。それを改善することは一般市民にとっても利益があることになりより身近に司法をすることができます。方法として法科大学院の開設によって合格率の低い状況にある司法試験を合格率を上げるようにしようという学校です。このようにして弁護士裁判官検察官などの法曹職を増やすように改革を行っています。
法テラスは正式には日本司法支援センターといい、日当たりのよいテラスのような場所にするということで名付けられました。ここでは法律について困ったときなどに相談にのったり弁護士の紹介を行ったりしています。また国選弁護人などの選出など様々なことに改革されています。

審級制度を学ぶ:簡易裁判所

2015/09/25

裁判所には格付けが存在しています。たとえば、刑事事件を裁く裁判所には簡易裁判所、地方裁判所、高等裁判所、最高裁判所があります。もし、被害者の立場になってしまったとして、加害者を一番格付けの高い裁判所で裁いてほしいと思って、いきなり最高裁判所に訴えるということは不可能です。というのは、日本では裁判は三審制だからです。
最高裁判所はもっとも格付けの高い裁判所であり、最高裁判所の判決に納得出来ないからと言って、今度は高等裁判所に訴えて裁いてもらうということは出来ません。新たな証拠が出てきた、あるいは真犯人が名乗り出たといった場合を除き、最高裁判所で判決が出されたら、それで確定するのです。なので、基本的にはまず地方裁判所で裁判を行い、そこで判決が出て、原告と被告のどちらかが納得出来ないということになったら次は高等裁判所、そこでの判決にも不服がある場合は最高裁判所という流れで裁判を行うことになります。
ただ、地方裁判所の判決に納得出来ないから高等裁判所に控訴したとしても、高等裁判所で再びきちんと裁判をやってくれるとは限りません。最高裁判所の裁判官が地方裁判所での審議内容と判決を見て、問題ないと判断したら控訴棄却という判断を下し、地方裁判所の判決が維持されます。

審級制度を学ぶ:家庭裁判所

2015/09/25

日本の訴訟事件におきましては審級制度が設けられています。審級制度とは、裁判で出た判決に対して不服がある場合に異なる階級の裁判所で再び審議が出来るのですが、その審理の順序を定めた制度であります。
この審級制度を学ぶ上ではまず日本では3つの階級の裁判所で審理を受けられる三審制があることを理解しておかなければいけません。三審制は判決の誤りを防ぎ公正な裁判を目的とするための制度であります。家事事件や少年事件では最初の第一審を家庭裁判所で行うのですが、その判決に対して原告もしくは被告が不服を申し立てれば控訴して第二審の高等裁判所での審理に進みます。さらに第二審の高等裁判所での判決に不服がある場合は、上告をして第三審の最高裁判所での審理に進みます。
最高裁判所は憲法違反の有無の判断を下すのですが、この三審制においては第一審の判決後に第二審を飛ばして直接第三審の最高裁判所への審理に進むことも可能です。第一審の審理で原告被告双方に事実関係の認識に相違点がない場合は、双方の合意の下第二審を飛ばして第三審の最高裁判所での憲法違反の判断のみを行い最終決着となります。これには双方にとって経済的負担や時間的負担を軽減できる利点があります。

審級制度を学ぶ:地方裁判所

2015/09/25

ほとんどの刑事事件の第一審、そして一般人が裁判に参加する裁判員裁判は地方裁判所で行われます。日本の裁判は三審制なので、地裁の判決に納得出来ないという場合は、弁護側も検索側も控訴することが可能ですが、地裁の判決は第一審だから軽く扱われるということはないので、高裁でも最高裁でも地裁の判決をそのまま支持するということも少なくありません。
地裁の第一審は、最初の裁判ということで、非常に時間をかけて行われます。それだけに、控訴や上告をして、地裁の判決を高裁や最高裁で変えようとするのは非常に大変です。たとえば、被告側が無罪を主張している事件で判決が有罪となった場合、新しい証拠や証言がない限り、高裁に控訴しても無罪になる可能性は低いです。逆に、地裁で無罪判決が出た場合でも、やはり検察が新しい証拠を出さない限り、高裁で有罪判決が出る可能性は低いです。それだけ、十分に審議された地裁での判決は重みがあるということです。
ただ、地裁での判決が高裁でも指示されて、最終的に最高裁で争われることになった場合、最高裁がもう一度高裁で審議をやり直すようにという判断を下す場合もあります。また、最高裁が逆転判決を下すケースもあります。gf0640255792l

審級制度を学ぶ:高等裁判所

2015/09/25

高等裁判所は第1審が簡易裁判所の場合の上告審の審理に当たる裁判所で、第1審が地方裁判所の場合の控訴審の審理に当たる裁判所です。控訴審は第2審で上告審は第3審になります。簡易裁判所が第1審の場合の控訴審は地方裁判所になります。第1審と第2審は事実審で第3審(上告審)は法律審になります。第1、2審の事実審は証拠調べがありますが、上告審は証拠調べはありません。証拠調べ裁判というのは、いわいる法廷での尋問で、被告の尋問、原告の尋問、証人尋問というもので、テレビのニュースでよく耳にする言葉です。裁判所の法廷の前に張り出されている開廷表には「弁論 本人尋問」とか「弁論 証人尋問」とか書いてあります。ですが上告審には被告の尋問、原告の尋問である本人尋問
や証人尋問は一切ありません。この証人尋問ですが証人になって法廷で証言をした人に日当が出ることになっています。当然交通費込の日当です。遠隔地から裁判所に証人として出頭した場合には宿泊したホテル代(宿泊料)も出ます。裁判で証人になった人ですが、証人を裁判の証人として出頭命令を出すのは裁判官が決めるわけですが、証人として出頭命令が出たにもかかわらず不出頭の場合は罰金10万円が課せられます。gf0640255783l

審級制度を学ぶ:最高裁判所

2015/09/25

日本の裁判制度は三審制を採用しています。

この三審制とは、第一審である最初の裁判の判決が不服であれば、上級審である第二審、第三審まで上訴して裁判を受け直せることで、同一の訴訟について計3回の裁判を受けることができるようになっている、というものです。

これは、一度だけの裁判で決してしまうことによる誤謬を避けて、裁判の慎重さと公正さを期するために設けられている制度です。

この際の第二審への上訴は控訴と呼ばれ、第三審(最終審)への上訴は上告と呼ばれています。

このために、日本の裁判所には簡易裁判所、家庭裁判所、地方裁判所、高等裁判所、そして最高裁判所の5種類のものが設けられており、それぞれ簡易裁、家裁、地裁、高裁、最高裁と略称されているのですが、その第一審が簡易裁判所、家庭裁判所、地方裁判所である場合によって、この三審制にもとづいて、それぞれに上訴される上級裁判所が違っているわけなのです。

この上訴を行う際の上級裁判所の順番のことを審級といい、この順番を定めている制度が審級制度というものなのです。

これによって、第一審が簡易裁であれば、第二審は地裁か高裁で、第三審はそれぞれ高裁か最高裁となり、第一審が家裁か地裁であれば、第二審は高裁で第三審は最高裁と一意に決まっている、という進級になっているわけなのです。gf0640065860l

審級制度を学ぶ

2015/09/25

日本国憲法を頂点とする各種の法律により、私たちは裁判を受ける権利を保障されていますが、たった一度の裁判を受けただけですべてが決されてしまうようなことがないように、同じ事案について複数回の裁判を受ける権利があります。
これを審級制度と言い、日本では3階級の裁判を行う「三審制」が採用されています。
裁判所の種類は、簡易裁判所、家庭裁判所・地方裁判所、高等裁判所、最高裁判所の5種類・4階級に分かれているため、どんな種類の裁判なのかによって、どの裁判所で審議を受けるのかが決まっています。
日本では三審制が採用されているため、最初の裁判での判決を当事者が不服とした場合には、判決が確定するまでに上級の裁判所へ上訴することができ、合計3回までの審理を受けることができます。この制度は国民の基本的人権の保障を目的とするもので、慎重・公正な判断をするために行われています。
同じ訴訟事件を上位の裁判所でもう一度審議することで、同じ訴訟事件を違う裁判官がもう一度審理することを保障し、ひとりの裁判官の見方だけで審議が決することがないようにしたものです。
普段の生活ではあまり裁判との関わりを意識することはない人でも、自分自身が当事者となった場合には、人権を保障するためのこうした制度があることを思い出してください。gf0240039759l

大人の社会科見学、裁判所と司法

2015/09/25

裁判所は最高裁や高裁、地裁、簡裁、家裁など様々な種類がありますがぜひ傍聴をしてみてください。傍聴は裁判を身近に知れる良い機会だからです。もし傍聴にいくなら地裁がおすすめです。地裁は全国の都府県に一つ北海道は四か所あります。ちなみに都府県は一つとなっていますが実際には支部という形にて複数あることがあります。たとえば東京の場合東京地裁立川支部という形です。しかしなぜ地裁がおすすめかというと一般に刑事事件の裁判の一審は地裁だからです。よって今話題の裁判員裁判が見ることができます。裁判員裁判は凶悪な事件殺人や放火などのために組織されたもので国民の司法への参加を目的としています。その裁判員裁判を見ることができるのは地裁です。地裁には刑事事件はもちろん民事裁判も扱っています。裁判の傍聴というとどうすればよいのかわからないかもしれませんが入るのは簡単です。建物の中に入ったら特に申し込むことなく法廷のに入ることが基本的にできます。しかし有名な事件だったりする場合傍聴券などの抽選が行われる場合もありますが普通の場合は大丈夫です。何の裁判がやっているかは受付や傍聴席の入口に貼ってあります。そしたら気になる裁判の法廷のドアを開けて入るだけです。本09

最近の投稿