どんな目標があるの?刑務作業、その目的

刑務所に収監された受刑者はただ毎日座って時間が流れるのを待つというわけではありません。
毎日その生活に関してはさまざまな制限が課された上で管理されており、その管理の中で受刑者は刑期の満了を待つという形になります。
そうした生活の中でも重要な部分となるのが「刑務作業」であり、受刑者はそれぞれの目標に応じた作業に従事するのです。
この刑務作業には大別して生産作業と社会貢献作業、職業訓練及び自営作業といった四種類の作業があり、一般的な刑務作業として連想されるものとしては生産作業が挙げられます。
ここでは工業製品などを製造する作業に従事することで就業への意識と習慣を身に着けさせることが目的となります。
また重要な業務として挙げられるのが職業訓練で、これは出所後に問題なく就職が出来るような条件を整えるために行われるものです。
収監されるまでの経緯は人それぞれであるとはいえ、生活苦によって犯罪に手を染めてしまったという人も少なくはありません。
しかし一度収監されてしまった人が何の技術も無しにいきなり就職するというのは困難ですから、刑務作業を通じて今後生活するのに必要な免許や資格、能力を養うための訓練を受けていくことになります。
刑務所は犯罪者に苦痛を与えることが目的の施設では無く、一度失敗した人を立ち直らせるための手伝いをする施設としての側面も持っているのです。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿