審級制度を学ぼう

日本の裁判においては、原則として3階級の審理を行うことができる三審制を採用しています。最初の裁判である第一審で審理が行われ判決が下された時に、当事者が審理が不十分であると考えたり判決内容に不服な場合は、判決が完全に確定してまう前に上訴する事ができます。その場合は同じ裁判所ではなく、階級の違う裁判所で審理が行われます。計3回まで審理を受けることが可能な事から、三審制と呼ばれています。裁判所は国民の基本的人権の保持を目的としていますので、三審制によって公正かつ慎重な判断を下すための制度です。
審級制度とは上訴があった場合に、同じ訴訟を異なる階級の裁判所で審理する時の、裁判所の順序を定めた制度です。 裁判所は役割に応じ、簡易裁判所・家庭裁判所・地方裁判所・地方裁判所・高等裁判所・最高裁判所の5種類が存在しています。第一審が簡易裁判所で行われた場合、第二審は地方裁判所か高等裁判所で行われ、さらに上訴された場合は第三審を高等裁判所か最高裁判所で審理する事になります。第一審が家庭裁判所の場合、第二審が高等裁判所で第三審が最高裁判所の順序となり、第一審が地方裁判所の場合は、第二審が高等裁判所で第三審が最高裁判所となるのが審級制度で定められています。

 

コメントは受け付けていません。

最近の投稿