保証契約の種類

一般的に保証人という言葉を耳にした場合には、金銭消費貸借契約に際して保証人を立てることを連想する人が大半です。

 

これは、万が一主債務者が返済を滞らせてしまうようなことがあった場合には、主債務者に代わって保証人が債務の返済をすることを保証する制度です。債務者が債務不履行に陥った際に換金することができる物的担保をあらかじめ供させておく方が、債権者にとっては安心できます。

 

しかし、必ず物的担保を供することが必要だということになれば、財産を持っていない人はお金を借りることができなくなってしまいます。お金が上手く回転しないようになってしまうと、社会経済的な観点から考えても不都合なことが多いので、物的担保を供することができない人でも借金することができる方法が考え出されました。それが、人的担保である保証人です。保証契約は、単なる保証と連帯保証の2種類に分けることができます。

 

単なる保証人の場合には、検索の抗弁権・催告の抗弁権・分別の利益を有することになっていますので、あくまでも主債務者が負っている債務を限定的に保証するものだと言うことができます。簡単に言うと、借金を返す責任を一次的に負っているのは主債務者自身であって、保証人は二次的責任を負うにすぎません。しかし、連帯保証人の場合は、債権者に対し主債務者とほとんど同等の責任を負うことになっています。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿