管理権喪失とは

民法では「親権を行う者は、子どもの財産を管理し、かつ、その財産 に関する法行為についてその子どもを代表する」ということが定められています。この「管理」というのは財産を親が代わりに売却してしまうことも含まれます。また「代表する」とは実際に子どもの代わりに行使出来てしまうという意味です。つまり、親は子ども名義の不動産を勝手に処分してしまったり、子どもの名前を拝借して借金することができるということです。私立の学校に子どもを入学させたくその学費捻出のために、養育上、子ども名義の不動産を処分したり、借金したりすることはまだ仕方のないことなのかもしれません。しかし、親がギャンブル目的のために、子どもの財産に手をつけたり借金をしてしまうのは、許せることではありません。また、親が子どもに暴力を振るったりネグレクトをしたり、子どもがすでに相続していた個人的な財産を親の勝手な理由で使い込んでいたりするケースもあります。このように、親の身勝手かつ一方的な理由により子どもが持つ財産の価値を大幅に減少させてしまうような行為は「親による管理権の行使が子どもの利益を害するとき」と見なされます。このような理由から、子どもの所在地を管轄する家庭裁判所に親の管理権喪失の裁判を申立することができます。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿