家庭裁判所の審級制度とは

日本の裁判には審級制度があり、これは訴訟事件が起きた時に、同一の訴訟を異なった階級の裁判所で審理する場合にその審理の順番を定めた制度です。これは日本の裁判制度に国民の基本的人権を守ることを目的に、3階級の審理を行うことができる三審制を採用しているためです。三審制とは最初の裁判(第1審)の判決が不服の場合に、判決が確定するまでに上訴できる裁判所が2階層あることをいいます。裁判所は役割に応じて簡易裁判所・家庭裁判所・地方裁判所・高等裁判所・最高裁判所の5種類あり、その訴訟の性質によって、それぞれの審級が定められています。各裁判所の審級関係は、第1審が簡易裁判所の場合は第2審は地方裁判所か高等裁判所、第3審は高等裁判所か最高裁判所になります。第1審が家庭裁判所の場合は第2審は高等裁判所、第3審は最高裁判所になります。第1審が地方裁判所の場合は第2審は高等裁判所、第3審は最高裁判所となります。第1審が不服で第2審の裁判を求めることを控訴、第2審の判決に不服で第3審の裁判を求めることを上告といいます。家庭裁判所は、家事審判・家事調停・少年審判・人事訴訟の第1審の裁判を行う裁判所です。ここで不服の場合は、第2審に高等裁判所に行きます。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿