刑務所では更生できる?矯正に対する処遇

少年刑務所は、裁判が行われた時点で少年であった受刑者が、矯正処遇が相当だと認められた場合に収容される刑事施設です。現在は全国に7施設あり、施設内では刑務作業をすることが義務付けられています。そのほかに、犯した犯罪を自覚させて反省を促し、出所した場合に社会生活を営む上で必要な知識と生活態度を習得するための指導も行われます。また、学校教育の内容に準ずるような教科指導が行われます。健康管理や体力の向上として保健体育の指導も行われますし、レクリエーションや自主的活動、行事なども実施する特別活動という枠も設けられています。少年刑務所は更生することを目的としているので、受刑者の年齢や心身の状況、非行の進み具合に合わせて、処遇区分が分かれており、それぞれ矯正処遇の目標や内容、方法が定められています。一般的な刑務所では、刑務作業を行うことに重点が置かれていますが、少年刑務所では更生することに重点を置いているので、更生できる機会が多いと考えられています。少年刑務所に収容されている受刑者だけでなく、受刑者の保護者に指導助言をしたり、外部の民間団体とも協力することによって、包括的に受刑者を更生させるような取組がなされています。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿