刑務作業の常識!一般人が知らない悩み

少年刑務所は犯罪を犯した少年を収容する施設であり、基本的には罰を与えるための場所ということになりますが、同時に更正させるための場所でもあります。更正させなければ、また犯罪を犯して戻ってきてしまう可能性が高いからです。では、どのような形で更正させるのかというと、犯罪は決して犯してはいけないものであるという道徳教育を受けさせ、そして刑務作業を通じて手に職をつけさせるということをしています。
犯罪者の中には、学校を卒業、または中退した後、なんの仕事もせずに犯罪を犯した人は少なくなく、このような人は前科がついた状態で出所しても仕事を得ることが難しいので、専門的な仕事などをさせることで技能をつけさせるのです。刑務所を出所前に社会に出てから十分通用する資格を取ることも可能です。
作業は、成人が収容される刑務所で行われる家具作りや印刷などのほかに、職業訓練を行うことも出来て、船に乗ったり、理容師の勉強をしたり、パソコンを学ぶことも可能です。
当然、これまでまったく働いたことがない少年にとっては、早寝早起きという生活リズムを毎日続けないといけないことに加えて、職人としての仕事を覚えないといけないので大変です。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿