刑事事件公判の流れと進行

警察に逮捕されて検察に送検された被告人は、刑事裁判を受けることになります。これにより、本当に犯罪を犯したのかという事実の認定と、量刑を決定するという流れになります。刑事事件公判ではまず、事実の認定を先立って行うようになっていて、被告人が起訴事実を認めているかどうかが大きなポイントになります。
起訴事実を認めている場合には、事実認定については特に争いません。弁護人も情状酌量を求めて、事実認定に関しては争わずに素直に認めるといった姿勢を見せることが多いです。特に罪状が軽い場合には起訴事実を認めていると、保釈されやすくなり、執行猶予も付きやすくなるためです。保釈されていると、手錠をかけられることもなく、勾留されることもないため、起訴事実を全面的に認める被告にも多いです。
そして、次に量刑を決めることになります。ここでは、どういった状況で犯罪の実行に着手したかが重要になります。同じ結果を生み出す行為であったとしても、反省をしている場合には量刑に大きく影響します。特に執行猶予が付くかどうか、被告人にとって重要性がかなり大きいです。執行猶予が付かなければ刑務所に収監されることになりためです。そのため、刑事事件公判では、量刑と執行猶予の有無が争点になることが多いです。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿