気持ちのスレ違い?結婚より難しい離婚の現実

犬04結婚するときよりも、エネルギーが必要とされるのが離婚です。
お互いに話し合い円満離婚ができるのなら問題はありません。
しかし、お互いに気持ちがスレ違うことが離婚の原因でも条件などで説得ができないこともあります。
特に話し合いで決着できないケースで多いのが子どもの親権争いです。
別れることに納得しても、子どもの問題はまた別になるからです。
こうした中で、話し合いが決裂したときには裁判所で離婚調停ができます。
これは、誰でも申請することができ、申立てに必要な費用は収入印紙の1,200円です。
ただ、この離婚調停に弁護士を同伴させるときには弁護士費用が必要です。
まず、調停員が別々の日に裁判所に呼ぶことになります。
そこでお互いの気持ちを確認して、話し合いができるようにしていきます。
ここでは離婚だけでなく、その後の子どもの親権者を決めることや面会についてなども決定していきます。
お金の問題も、ここで決めることになります。養育費,離婚に際しての財産分与や年金分割の割合,慰謝料についてなどがそれに当たります。何度か調停が行なわれますがここで話し合いが付かないときには裁判所に移行します。
円満離婚が、できるように調停員はしていきます。

 

コメントは受け付けていません。

最近の投稿