高等裁判所の審級制度とは

日本においては、裁判を行う際に同じ事案について3回まで審議できるようになっています。裁判官も人間であるため、間違いを犯してしまう可能性があるためです。そういった場合に1回だけの裁判で有罪にしてしまうと、冤罪を生み出すことがあるため、3回まで受けられるようになっているのです。これを三審制と言います。
通常であれば第一審は地方裁判所で行います。弁護士と検察官が事実認定や、量刑について激しく議論を交わすことになります。弁護側も検察側も、第一審の判決に不服がない場合には、ここで判決が確定します。しかし、どちらか一方が控訴をすると、高等裁判所での裁判が開始されます。地方裁判所での判決とほぼ同じ内容の判決になることもありますが、地方裁判所で有罪判決が出ても、高等裁判所では無罪になるケースもあります。また、量刑や執行猶予の有無に関して争うために、高等裁判所に控訴をするというケースも珍しくありません。そのため、規模の大きな事件においては、どういった判決が出るのか注目を浴びます。最高裁判所では、基本的に事実認定について争わないため、高等裁判所で行われる審議においては、事実認定について争うということが大きな特徴です。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿