教育がうけられなかった人へのメリットも!少年刑務所の授業とは?

少年刑務所は原則として26歳以下の若年者、もしくはそれに準ずると判断された人が収監される刑事施設です。
その性質上、通常の刑務所などとは異なる点も多いのですが、その相違点の最たるものの一つとなっているのが授業の存在です。
現代の日本では小学校から中学校までを義務教育としてあらゆる子供が通学するべきものと規定していますが、しかしながらあらゆる人がそれを出来ているわけではありません。
中には家庭的・環境的な事情によって学校での必要な指導を受けることが出来ずに少年刑務所に収監された人もいるわけですから、そうした人に対しては通常の教育制度と同じ指導をしなくては社会復帰をさせることが出来ないのです。
この問題を解決するために少年刑務所では義務教育部分の教科の指導が行われており、また希望する少年受刑者に対しては通信教育などによる高等教育課程の学習も許可されています。
それに加えて就業体験などの機会も設けられていますから、年齢に応じて必要な指導が出来るように構築されているのです。
実際に少年刑務所での受刑中に学校の卒業証書を受け取って出所し、その後立派に社会の一員となっている人もいるわけですから、こうした教育に関しては一定のメリットがあるとして判断できるでしょう。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿