身元保証の仕組み

身元保証は、生活しているとさまざまな場面で必要になります。

 
主に、不動産の賃貸借契約や就職、入院や介護施設に入所する時などに必要になることが多いです。

 
本人の身元を確認するためだけでなく、周りに損害を与えた場合は、本人と同様に損害賠償する義務が生じます。
病人や高齢者の場合は、本人が費用を払えない場合は、代わって支払う義務があるのと、意思表示ができない場合は、本人に代わって物事の決定を行います。

 
一般的には、家族や親戚など身内がなるケースが多いのですが、少子高齢化や核家族化が進んだ現在では、子供がいても遠く離れて暮らしていたり、親戚付き合いが少なくなっていることが多く、保証人を頼みづらいという人が少なくないです。

 
そんな人たちにとって心強いのが保証サポート会社ですが、老人ホームに入りたい、病院に入院したい、自分の葬式について頼みたい、などの希望を持つ人たちからの相談が増えています。

 
保証サポート会社では、施設への入所サポート、葬式や供養の生前契約、成年後見や遺言・相続のサポートも行っています。
介護施設や葬儀社の紹介を行ってくれるところもあります。
大手の場合は、全国どこに住んでいても利用できるようになっています。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿