未成年後見制度について理解しよう

親権を行使する者がいない未成年者を保護する制度として、未成年後見制度というものがあります。
未成年後見を開始するためには、未成年者に対して親権を行う者が無いとき、又は親権を行う者が管理権を有しないときに開始されます。例えば、親権者が子の財産につき濫用があるとして、家庭裁判所により管理権のみ後見人を選任する場合などがあたります。
未成年後見人は、最後に親権を行う者が、遺言で指定することが出来ますが、指定が無ければ、未成年者本人又は、その親族その他の利害関係人の請求により、家庭裁判所が選任することとなります。
そして、未成年後見人は一人でなければいけません。
未成年後見人に、どういった権限があるかといえば、原則、親権を行う者と同一の権利義務を有することになります。もっとも、先に述べたように、親権を行う者が管理権を有しない場合の未成年後見人は、財産に関する権限のみを有することになります。
又、未成年者本人との間で、利益が相反する事態が生じた場合には、未成年後見監督人のいる場合を除き、未成年後見人は、家庭裁判所に特別代理人の選任を請求しなければなりません。
未成年後見制度は、未成年本人が死亡するか、婚姻するか、成年に達すると終了します。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿