裁判員裁判での検察官の仕事

裁判員裁判では、一般市民が選ばれて裁判員を行っています。したがって、検察官としては彼らに分かりやすく状況の説明や罪状、その罪を犯すに至った経緯を説明できなければいけません。無論、起訴に至る経緯もしっかりと書類にして決められたとおりに段取りを付ける必要が生じます。
検察官は、警察が逮捕した容疑者、犯人を検察官として話を聞いて、罪状の確認を行います。また、警察側からの資料提供を求めるなど、その罪を犯したときの状況なども把握しなければなりません。この検察官には法的知識が必要ですから、弁護士資格を有する人物が当てられます。なお、彼ら検察官を補助する検察事務官は、国家公務員試験に合格した人が充てられるように制度上なっています。
警察での取り調べ後に検察へと身柄が送られ、起訴内容の認否なども含めて取り調べが行われ、起訴できる状況になれば起訴を行っていくわけですが、それを受けて裁判員裁判で有罪か無罪かが決まっていくわけです。裁判員は検察から示された証拠類と状況を記した書類の他に、被告人及びその弁護士、検察側から裁判においてその罪状を確認していくこととなります。検察側は師板員が一般市民であることを踏まえて分かりやすい説明が求められるところです。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿