司法制度改革を学ぼう

司法制度改革とは、1999年から行われている司法制度全般に関する改革のことです。法曹養成制度や裁判制度、国民に向けての司法サービスなど様々です。裁判の効率化や法曹界における人材の拡充なども行われています。それまでの日本の司法制度は、裁判の長期化や高額な弁護士費用、裁判所が行政よりの姿勢を取っていたことなどがあり、国民に十分な法的解決を供給していませんでした。このことを改善し、国民に十分な司法サービスを提供するためにこの司法制度改革が行われることとなりました。
民事司法制度の改革では、計画審理などを行い従来よりも迅速に裁判を進め、内容を充実させることを行いました。また専門委員制度を設け、事件に対して専門的な対応を行えるように力を入れています。知的財産権に関する事件により充実した対応を行えるように知的財産高等裁判所の設置も行いました。家庭裁判所などでは少額訴訟制度を拡大し、多くの国民にとって利用しやすいものにしました。
刑事司法制度では被疑者や被告人の公判前整理手続の整備をしたり、監獄法の改正を行いました。
法曹界の人材の育成においては、司法試験の合格者を増やしたり、裁判官や検察官の人数を増やすなどの対応をしています。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿