司法制度改革を学ぶ

司法制度改革とは国民が司法を利用しやすくすることなどが目的で導入された制度です。あの有名な裁判員制度をはじめとし法科大学院の開設や新司法試験法テラスなど様々なことがおこなわれています。
裁判員制度は2009年七月より始まったもので改革の一つとして裁判を身近にすることや司法の信頼を上げることなどが目的とされています。対象は20歳以上の有権者で裁判官三人裁判員は六人で行います。基本的に裁判員に選ばれたら裁判所にいかなくてはなりません。
次に新司法試験です。新司法試験は海外と比べても圧倒的に日本は法曹人口が少ない状況にあります。それを改善することは一般市民にとっても利益があることになりより身近に司法をすることができます。方法として法科大学院の開設によって合格率の低い状況にある司法試験を合格率を上げるようにしようという学校です。このようにして弁護士裁判官検察官などの法曹職を増やすように改革を行っています。
法テラスは正式には日本司法支援センターといい、日当たりのよいテラスのような場所にするということで名付けられました。ここでは法律について困ったときなどに相談にのったり弁護士の紹介を行ったりしています。また国選弁護人などの選出など様々なことに改革されています。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿