司法制度改革を学ぶ:司法制度改革の三つの柱

司法制度改革三つの柱についてですが、一つ目は国民の期待に答応える司法制度の構築、二つ目は司法制度を支える法曹の在り方の改革、三つ目は国民の司法参加です。一つ目の改革は民事裁判を充実させて迅速におこなうことができるようにすることが目的とされています。弁護士が少ない地域などに事務所を設立させるなどの対策がおこなわれました。また、知的財産権関係の事件など専門的知見を要するような事件への対応も強化されています。二つ目の改革では、法曹人口の拡大をおこない司法試験合格者数の増加や、裁判官や検察官などの司法を支える人的基盤を増大させていきました。専門的な案件のためにもプロフェッショナルな人材育成がなされました。三つ目の改革では、刑事訴訟へ国民が参加する制度を導入しました。裁判員制度は、特定の刑事裁判において有権者から無作為に選出して裁判官とともに審理に参加します。これは、国民の一般的な常識を取り入れて司法の専門家だけが集まることによる価値観や思想などが偏ってしまうことを防ぐ目的があります。その他にも国民に司法をより身近なものに感じてもらうという目的が込められています。これらの司法の制度改革は、2000年頃からおこなわれています。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿