親権は誰のためにあるのか?

民法において、親権というのは子の利益のためということをはっきりと規定しています。しかし、実際に親は子の利益を考えた上で争っているのかどうか、という部分に関しては曖昧です。暴力からなど子供を保護するためなど明らかに子供の不利益になる理由があるような場合を除いて、基本的に親権争いというのは親の利益を争っていると言っても過言ではありません。子供と暮らす権利や子供と関わる権利を争っているようなものです。例え離婚をしても子供にとっては親に変わりありません。しかし、親権者になれなかった側は子供と会えなくなる場合が非常に多くあります。争って別れた夫婦は子供が別れた相手と会うことを望まないことがほとんどなので、子の利益を通り越して、親の心情がそのまま垣間見えてしまいます。本来の意味合いとしては、子供がどちらと暮らすことが健全な環境なのかということとその後も子供の意見として離れた親との関係性も決めるようにできれば双方が悲しむ必要もなくなりますし、何より子供の側からすれば親と会うことも気軽にできないような離婚では何の利益もありません。理想的なことは、きちんと子供の気持ちを確認して一歩引いた目で離婚を見つめることです。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿