審級制度を学ぶ:簡易裁判所

裁判所には格付けが存在しています。たとえば、刑事事件を裁く裁判所には簡易裁判所、地方裁判所、高等裁判所、最高裁判所があります。もし、被害者の立場になってしまったとして、加害者を一番格付けの高い裁判所で裁いてほしいと思って、いきなり最高裁判所に訴えるということは不可能です。というのは、日本では裁判は三審制だからです。
最高裁判所はもっとも格付けの高い裁判所であり、最高裁判所の判決に納得出来ないからと言って、今度は高等裁判所に訴えて裁いてもらうということは出来ません。新たな証拠が出てきた、あるいは真犯人が名乗り出たといった場合を除き、最高裁判所で判決が出されたら、それで確定するのです。なので、基本的にはまず地方裁判所で裁判を行い、そこで判決が出て、原告と被告のどちらかが納得出来ないということになったら次は高等裁判所、そこでの判決にも不服がある場合は最高裁判所という流れで裁判を行うことになります。
ただ、地方裁判所の判決に納得出来ないから高等裁判所に控訴したとしても、高等裁判所で再びきちんと裁判をやってくれるとは限りません。最高裁判所の裁判官が地方裁判所での審議内容と判決を見て、問題ないと判断したら控訴棄却という判断を下し、地方裁判所の判決が維持されます。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿