知っておきたい、未成年後見制度における注意点

未成年は法律行為を行なうなどする場合には、判断が劣るケースがあり、未成年者にとって好ましくない取引がなされてしまうこともあります。また未成年者と取引を行う者が安全に取引を確保したい事情もあるため、未成年後見制度が整備されています。

未成年後見制度とは、未成年者の親が死亡したり行方不明になったりした場合などに、後見人が親権者と同じように未成年者の法定代理人となることです。具体的には裁判所によって後見人が選任され、親権者と同じ様に未成年者の財産を管理したり、身上監護等を行なったりします。

実際に未成年後見人の選任は、親権者が指定する場合や利害関係人などの請求によって家庭裁判所が選任します。未成年後見人には二種類の後見人が存在し、親と同じ様に親権を行使することが出来るケースと管理権のみが行なうことが出来るケースがあることです。

未成年後見制度は、本来は1人の後見人が担当すると条文上では規定されていましたが、現在は法改正がされて複数人で担当することも可能となりました。また法人でも後見人になることもできます。

その他の注意点としては、後見人は一度選任されると未成年者が成年になるまで継続します。また選任などの申し立てや報告などは、未成年者の住民票がある住所を管轄する家庭裁判所に対して行ないます。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿