地方裁判所の審級制度とは

どの種の裁判所が第一審として裁判をして、その裁判に対して不服があるときにはどの種の裁判所へ不服申し立て、つまり上訴できるかの定めを「審級管轄」といいます。
第一審は原則として地方裁判所か簡易裁判所となります(例外として、独占禁止法や公職選挙法では高等裁判所も第一審となります)。どちらが第一審となるかは「審級管轄」ではなく「事物管轄」の問題となります。財産上の請求は、訴訟の目的の価額が140万円以下の請求は簡易裁判所の管轄とされています。ただし、不動産に関する訴訟の場合は、140万円以下であっても地方裁判所を第一審とすることも可能です。訴訟の目的物の価額を算定できないとき、または極めて困難であるときは140万円を超えるものとみなされます。
地方裁判所は第二審の裁判所となることがあるのも特徴です。第一審が簡易裁判所であったとき、第二審である控訴審はその簡易裁判所を管轄区域内にもつ地方裁判所となります。
地方裁判所が第一審のときは、第三審である上告審は最高裁判所になります。簡易裁判所が第一審であるときは第三審である上告審は管轄の高等裁判所になります。ただし、高等裁判所の見解が従来の判例に反するときには、その上告事件を最高裁判所に移送しなくてはなりません。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿