特に親権を争う調停中の服装の注意点

離婚調停で離婚協議をする場合、多く発生する問題が子供の親権や養育権を巡って争う事になる事です。離婚協議自体は合意に達していても双方が子供の親権を主張すれば、離婚は成立しません。特にお互い全く引く事なく、共に子供を養育出来る環境であれば長期化する事は珍しくありません。
そういった場合、調停員が見ているのは親である双方の人間性です。特に気をつけなければならないのが服装や、髪型、女性ではメイクです。調停員に不利な印象を与えないためには、大人としてきちんとした服装を身につけるのが重要となります。スーツやフォーマルな雰囲気の服装が好ましく、ミニスカートやカジュアルすぎる格好はあまりいい印象を与えません。色も派手な色でなく、落ち着いた黒やベージュなどの色を選ぶのが無難です。装飾品も過剰に身につけない方が無難です。鞄や靴にも派手でなく落ち着いた物を選びましょう。特に女性はハイヒールなどは控えた方がいいです。髪型も清潔感を第一にし、メイクにも派手な色を使わず、出来るだけ真面目できちんとした容姿を目指しましょう。そして服装だけでなく、言葉使いや態度にも気を配り、常識があり、しっかりした人間であることを印象付ける事が大切です。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿