調停委員の調停での仕事内容

調停委員とは、借金の催促や家屋の明渡しなどの紛争当の事者同士が、話し合いなどにより合意し、紛争の解決を図ることを目的とする民事調停や、離婚や相続問題における家族間の問題を中心とし、やはり当事者同士の話し合いと合意によって解決することを目的とする家事調停において、裁判所が仲介して、和解の糸口を見つけたる手伝いをしたり、和解へ向けての調整をする第三者のことをいいます。
調停委員の役割としては、問題点をお互いに良い形で和解することを目的として、両者の話や気持ちをよく聞き、解決へと導いていくこととなっています。
調停の場合には、直接当事者同士が顔を合わせて話し合いをすると、感情的になってしまうので、調停委員にたいして、当事者が別々に話をし、どのような状況なのか、これからどうしたいのかなどを具体的に聞き、調査をしていき、両者の言い分の橋渡しをしていきます。
この調停委員には、世間一般の良識を反映させるため、社会生活上の豊富な知識経験や専門的な知識を持つ人の中から選ばれることになっており、原則として40歳以上70歳未満の人で弁護士や医師、大学教授、公認会計士、不動産鑑定士、建築士などの専門家など、問題に応じて対処ができるよう社会の各分野から裁判所が任期2年で任命します。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿