調停離婚と協議離婚はどう違う?

調停離婚と協議離婚の違いとは、家庭裁判所がかかわるかどうかによります。
協議離婚とは、夫婦が話し合いうことで離婚に合意し、役所に離婚届を提出することを言います。日本の離婚の9割がこの協議離婚となっていて、家庭裁判所がかかわることはなく、離婚の理由や事情は関係なく、あくまで2人での話し合いによる一般的な離婚方法になります。
調停離婚とは、片方が離婚することに対して拒否し協議離婚に応じない場合、家庭裁判所に介入してもらい離婚する方法です。
方法としてはまず、自分の住んでいる地域にある家庭裁判所に離婚調停の申立てをおこない、手続きが受理されると、家庭裁判所に出向く日時が決められ、調停室において、家事審判官や調停委員の前で離婚に至った事情を説明することになります。
話し合いは、夫婦が別々に事情を聞かれ、お互いが和解できるように家事審判官や調停委員が間に入って調整していきます。この時、夫婦が直接話すことはなく、もし事情により顔を合わせたくなかったり、現在の居住場所を知られたくない場合には、事前に相談しておくと、時間をずらすなども配慮をしてくれます。
この調停によってお互いの合意が得られ、離婚することが調停離婚となり、この話し合いで解決できなかった場合には裁判となります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿