離婚調停をするメリットとデメリットとは

離婚調停の一つ目のメリットは、「協議離婚よりも強制力がある」ということです。
調停の内容は、「調停調書」という文書に記載されます。
そこに記されている慰謝料などの支払いが滞ったら、有無を言わせず強制執行を行うことができます。
とはいえ、協議離婚でも公正証書を作れば同じようなことができますが、調停調書には「履行勧告」という物があります。
これは、調停調書に記されている金銭の支払いが履行されない場合に、裁判所から支払い命令が下されるという物です。
これにより、相手に大きなプレッシャーを与えることができます。
二つ目は、「話し合いがまとまりやすい」。
離婚の話し合いの場では、双方とも熱くなりやすいので、落ち着いて話し合うのは困難なことが多いですが、調停では調停委員が間に入るので、話し合いがまとまりやすくなります。
一方、離婚調停のデメリットは「平日にしか行えない」。
人によっては、仕事を休まなければなりません。
だいたい月1回程度で行われるので、毎月休みをとらなければならないということです。
また、調停委員から叱責を受けたり、なかなか話し合いがまとまらなかったりすると、精神的な疲労から、仕事に影響が出るおそれもあります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿