調停を有利にすすめる話術

離婚調停申立書を裁判所に郵送した後に無事受理された場合、およそ2週間から4週間でお互いの住居に呼出状が届きます。
調停の申立てをされた側としては、届いた通知により正式に申し立てられた事実を認知することになります。
その後、家庭裁判所の本庁や支部、出張所にて離婚調停が行われます。
調停室には男女1名ずつの調停委員と呼ばれる方が居て調停のシステムなどについて説明が行われます。
夫婦は一人ずつ部屋に入り調停委員と会話をし状況説明などを行います。
状況説明などをもとに資料を作成し、結果が出されます。
結果は個々により差異が大きいものの申立人の希望が受け入れられ、相手が離婚に異議を唱えなかった場合離婚が成立します。
時折、第三者を交え話し合ったことで気持ちに変化が生じ離婚を取り下げるという場合もあります。
申し立てを行う際には注意点があります。
それは申し立ての動機を記入することです。
基本的には記入することに制限されていないものの、あまりにも自由に記入してしまうと墓穴を掘ってしまう恐れがあります。
性格が合わないということや暴力、不倫といった不都合ではない理由であるのなら明瞭に全て記入してください。
事実をはっきりと書くだけで大きな力を持ちます。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿