余暇活動や慰問はあるの?刑務所での生活

刑務所では、規則的な生活が強制されます。
刑務官の号令で、一斉に並んだり座ったりします。
食事は、豪華とまではいえませんが、それなりの品質の物が出されます。
嫌いな物は無理に食べなくてもよいですが、持ち帰ったりすることは認められていません。
また、食事で出される物以外は口にできないので、お菓子などは滅多に食べられません。
お風呂は、週に2回(夏場は3回)15分までと決められています。
2~3人がまとまって入り、時間が来たら交代して行きます。
掃除は、簡単な物なら毎日行いますが、週に1回は部屋全体の大掃除がなされます。
とはいえ、受刑者は暇を持て余しているので、意外と隅々までやるようです。
そして、刑務所内では、常に刑務官の許可を得なければいけません。
トイレに行くだけでも、挙手して許可を得る必要があります。
このように、非常に窮屈な状態なのですが、ある程度は息抜きも用意されています。
余暇活動として、囲碁・俳句・カラオケなどのクラブ活動をすることもできますし、年に一度は慰問行事があります。
内容は様々ですが、演歌歌手や漫才師などを招くというのが多いようです。
メジャーな人が来ることは少ないですが、生のステージなのでそれなりに盛り上がります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿