有名犯罪者となってしまった人間たちの人生、少年刑務所で生きていく流れとは

少年刑務所は犯罪行為をはたらき、裁判などの結果によって刑に服することになった者のうち、26歳未満の者を収容する刑務所のことを言います。名目上は少年に健全な社会復帰をさせるための矯正教育を受けさせる施設となっており、「少年」という名称が付けられていますが、実際は20歳未満の少年よりも20歳以上の成人の方が多く収容されており、近年は刑務所の定員オーバーのため26歳~28歳の成人受刑者も収容されています。女性の場合は少年受刑者も成人受刑者と同じ女子刑務所に収容されるため、女子少年刑務所というのはありません。若年層が収容されているため更正を目的とした指導が行われており、特に少年受刑者にはより強い教育的処遇が行われています。また、犯罪傾向の強い成人受刑者の悪影響を受けないように、少年受刑者と成人受刑者は分けて服役させています。一般の刑務所に比べて受刑者の体力が気力が充実しているため、食事や生活のルール、行進や運動の訓練などが全般的に厳しくなっており、受刑者同士のイジメやケンカも過激で悪質なものが多いです。中でも全国ニュースなどで報道された有名な犯罪者や芸能人などは格好の標的となるため、他の受刑者にあまり見られないように、目立たない作業が割り当てられるなどの配慮がなされる場合があります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿